楽器店で発表会を開く問題点、その3

2009年07月04日
2008-06-11 2008-06-11 001 002.jpg

以前書いた楽器店で発表会を開く問題点のその3です。
それは、プログラムのことなんです。
楽器店での発表会は参加人数も関わっている、ピアノの先生も多いので、おのずと発表会の開催期間が長くなるんです。
そうなると。。。

時期によって、プログラムの校正が1回だけになる。


んです。普通は複数回チェックをしますよね。
そうなると、やはりミスが多くなっちゃいます。
名前のところが黒丸●になっちゃったり、あり得ないミスもぽろぽろとあるそう。

また、楽器店の発表会は、長年同じ外部の業者を使っているので、クオリティーが今一つなこともある気がします。
ちょっと古い、っていうんでしょうかね。

プログラムの字体が、文字数によって変わってしまったり、印刷がイマイチだったり。
写真も写し方(生徒さんの並べ方とか)も・・・

年に一回のピアノの発表会なので、良い思い出に残るものにしたいですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/228-912a44ed