コンクールやオーディションに生徒さんを参加させる事について

2009年08月03日
2009-07-11 2009-07-11 001 026.jpg

コンクールやオーディションに生徒さんを参加させる事については、けっこう悩む問題です。

そもそも、ピアノの演奏に対して合否や点数を付けることって、どうなんだろう??と思うんですよね。
それって、「良い演奏」と「良くない演奏」を決める事みたいで、元々音楽や芸術に「良い」も「悪い」もないというのが持論なので。

でも、場合によってはそういう立場で仕事をすることもあるのが、ピアノの先生と言う仕事の辛いところですふらふら

なので、生徒さんがそういうものに参加すると言うときには、どうしても慎重になってしまいます。
どんなに上手でも、絶対に受かるということもないですし、今までよりも自信が付いてさらにステップアップすることもある半面、そうでない時にどんな影響が出てしまうのか、計り知れないからです。
トラウマや自信喪失になってしまったら、大問題ですし。

まあ、それまでにガンガンにレッスンしたり、練習をしてもらってはいますがね。
いやー、ホントに気が重くなります・・・

また、生徒さんが本番にどれだけ普段の力を出せるのか?
どうしたら、そうできるのか?
どうレッスンしたら、普段の力を引き出せるのか??

ピアノの先生という仕事をする上での、大きなテーマの一つですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/208-99838076