オリンピック連覇、羽生選手とショパンの関係をショパン研究家が語る

2018年02月19日
2013-02-20 2013-02-20 002 046


連日のオリンピックのテレビ観戦に、ピアノの生徒さん方も忙しそうですが、私も普段は見ることのないスノーボードやカーリングなどを観戦して楽しんでいます。
やはり人気という点では、フィギュアスケートが注目度ナンバーワンという気がしますね。
男子では、怪我からの復帰で心配された羽生選手が、終わってみれば圧巻のオリンピック連覇を成し遂げました。

羽生選手のショートプログラムでは、ショパンのバラード1番に合わせて演技をしていました。
10分はかかる曲を、どこを削って短くするのか、そんなことも個人的に注目していました。
羽生選手は、どうも曲の編集についても自ら関わっているらしいので・・・。

この曲に合わせて、これまでも演技をしてきているので、よほどこの曲が好きで、しかも相性が良いのかなあ~と思っていました。
なんだか、この曲だと上手くいく、みたいなものがないと、何回も使わないですよね。

ショパン研究家の話では、羽生選手の優雅で気品ある洗礼された美意識がショパンの音楽と共通すると分析していて、美しさと壮大なドラマチックな激しさが、羽生選手のスケートにピッタリなのだそうですね。
技術と演技の調和も、ショパンの音楽と通じる所があるとも分析していました。

なるほど~。

ぜひ、一度生で演技を見てみたいものです・・・チケット入手が大変そうですがね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する