ピアノのレッスンに通う理由

2008年12月18日
大人の生徒さんをレッスンをしている時のお話です。

2008-12-09 2008-12-09 003 008.jpg

Sさんは、もうかれこれ10年、ピアノのレッスンに通われています。

今は、発表会が終わって、ちょっと楽に弾ける曲ということで、グノーのアヴェマリアを弾いています。

グノーのアヴェマリアって、もともとはJSバッハの平均律クラヴィーア曲集1巻の1番のプレリュードの曲に、メロディーをつけたものなんですね。

そんなことをこのSさんにお話をしたんです。
そして、ついでに、バッハが活躍をしていたバロック期と、それ以降の時代とで、
曲のスタイルがまるで違う、ということもお話をしたんです。

モーツァルトとかベートーヴェン、ショパンとかは、基本的に、メロディーと伴奏で音楽が作られているけれど、バッハとかヘンデルとかの時代は、まだ伴奏という概念がなくて、全部がメロディーで、それらがこう、絡まりあって作られている、という内容なんですがね。

けっこう専門的っぽいお話なんですがね。
しかも、演奏付きで(笑)

そうしたら、このSさん、
「いやー面白いるんるん」っていうんです。
「あっ、そうですかあ~、けっこう専門的っぽいお話ですけどね」

「ピアノノレッスンって、まあ、もちろんピアノを弾きに来るんだけど、たまにこういう話が聞けるのがいいんですよね~わーい(嬉しい顔)

「いやー、こんな話とか雑学っぽい話とか、こんなので良ければ、まだまだありますよ~」

大人の生徒さんって、色々な目的を持って、ピアノのレッスンに来ていることは、もちろん知ってはいましたが、こういう話も楽しみにしているなんて・・・

こちらこそ、へえーって感じです。

ピアノレッスンの目的って、ホントに色々あるんですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/14-83b6576d