生徒さんの演奏を聴くと、指導する先生のことがわかります、現役ピアニストでも。

2017年10月02日
IMG_3547.jpg


複数の先生方のクラスとご一緒に、生徒さん方のコンサートを行いますと、なかなか興味深く色々とわかるものです。
特にちびっ子ですと、おじぎ一つとっても、ん、ん、っ?!という事もあったりします。
また、コンサートですと、ドレスを着ることも多い訳ですが、着慣れていないことも多いので、裾をたくし上げて登場して、アアア・・・と思ったりもします。

もちろん、一番顕著なのが、やはり演奏そのもの。
演奏曲目の難易度、完成度、音そのものの質、これは日頃指導されている先生のことがまるわかりになってしまいます。
音そのものの質は、なかなかすぐに良くなったりしないので、直の事難しいものですが、聴くと「あ~やっぱりね」と思ってしまうものです。

恩師のレッスンに行って、ショパンコンクールについて話していた時、「牛田さんは次回辺り出ないんですかね、ショパンコンクールinアジアで何回もグランプリを取っていますよね。年齢的にももう大丈夫ですし。」と聞いたことがあります。
そうしますと、「どうかしらね~、牛田さんの演奏については、色々言われているけれど、まあ先生のご指導がそうだからねえ・・・」と話されていました。

生徒でもあり、指導者でもある私の立場では、なかなか気を引き締めなければという気がして、責任の重大さも改めて痛感します。。。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する