本番直前に不幸があった時、どうするのか

2017年09月23日
IMG_3298.jpg


あまりあってほしくないのですが、本番前に思わぬことが起こる事があります。
軽いものならまだしも、そうでなく深刻な事だと大変です。

私自身も、一度だけありました。
本番を終えて、母がが舞台そでに来たとき、いつもは演奏の感想などを色々としゃべるのですが、そうでなく、実は先ほど祖母が亡くなったという話をしました。

本当にびっくりしました。

本番前に、既に亡くなっていたそうなのですが、あえて本番後に話すことにしたのだとか。
私の性格上、本番前にその話を聞いたら、動揺するから、という事でした。
その後、すぐに駆け付けたわけですが、確かに、本番前に聞いたら、演奏どころではなかったと思います。

今日、学生さんが一人、本番で弾くのですが、親戚の不幸があって、急遽、帰省しています。
午後から本番なので、なんとか新幹線に飛び乗って間に合わせるような事を連絡してくれましたが、メンタル面でやはり心配です。
学生さんで、しかも体調を崩しているそうなので、あまり無理せず、来年また頑張ろうでも良さそうですが・・・、もし、本番に出るならば、どのような声がけをしたらよいのか、考え中です。



関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する