音楽教室から演奏著作権料徴収を徴収する?署名運動が始まりました。

2017年04月05日
IMG_2512.jpg


2月頃でしたでしょうか?
ニュースで、JASRAC(日本音楽著作権協会)が、音楽教室のレッスンに対しても、著作権料を徴収する考えがある事が話題になりましたね。
急に湧いてきた話で、本当にビックリしたものです。

普段のレッスンは、演奏の技術を身に付けるという教育目的なので、公の場で演奏する事とは、だいぶ異なるのではないかなあと思っています。現に、発表会などでは、すでに著作権料をお支払いしている訳ですしね・・・
まずは、音楽教室から徴収するという事のようですが、もしこの主張が通った場合には、もちろん?!個人のお教室にもいずれはお話があるでしょうし、音大など学校の場では、どうなるのかしら?とか音大が行っている音楽教室は?とか、影響はどんどん他方面に広がる気がします。

普段のレッスンでは、生徒さんのために、弾き方の見本として演奏するという事は、よく行われますが、それに対しても著作権が発生するとなれば、かなりやりにくくもなりますね。
また、この生徒さんが弾いている今の曲は、著作権が発生して、次に練習する予定の曲にはかからなくて・・・と、曲が変わるごとにチェックして、著作権料を生徒さん全員分、計算していく事は、現実的にどうなのだろうか?とも思います。

そうなりますと、「払いたくないから、著作権料のかからない曲だけを弾きたい」などと言う事も出てくるでしょうし、当然ながら、お月謝の値上げにも繋がりそうですね。

う~ん。。。少し無理があるような気もしますが。。。

音楽教室系の業界団体 音楽教育を守る会では、署名運動を行い始めたようです。
今後、どのように進展してくのか、しっかりと見ていきたいと思っています。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する