本番直前、弾けなくなった原因と対処法

2016年10月08日
IMG_2379.jpg


ちびっ子の生徒さんの最後のレッスン。
調子、どうかな~?と、いつものように、気軽に聞いてみたところ・・・

「あと1か月欲しい感じです。」
「ええーっ!まだこの曲弾きたいの??もうずっと弾いていて、飽きちゃっているのかと思っていたのよ。」

意外な答えが出てきてビックリ。
「でも、なんであと1か月欲しいの?」
「指が動かなくなってきちゃって」

一回弾いてもらうと、確かに前回のレッスンから1週間の間に、かなり重たい指の運びになっていました。
指が、言う事を聞いてくれていないような状態です。
軽やかな曲なので、なおさら目立ってしまい、気になります。

自宅での練習について聞いてみると、すぐにその原因が解りました。

ゆっくりな練習の比率が悪かったのです。

軽やかで速い曲なのですが、練習の殆どが、いつもの速いテンポでの練習だったのです。
なので、指のコントロールが段々と効かなくなってきてしまっていました。
とにかくゆっくり弾く練習の比率を多くするように、伝えました。

そして、練習の最後には、「大丈夫、大丈夫!」ともちろんメンタルもケアしました。
さてさて、本番どうなるのかしら?
とっても生徒さんのキャラクターに合う曲なので、ステキな演奏が披露できますように。。。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する