発表会を写真を見て思う事、やっぱり・・・と少し残念な事にもなります。

2016年09月11日
IMG_3184.jpg

発表会の写真が、だいぶ前に手元に来ました。
本番では、生で演奏する姿やその他を見ている訳ですが、写真になると、また印象も異なるものですね。
写真印刷の技術なども影響するとは思いますので、一概には言えないのですが・・・

やはり、淡い色合いのドレスは、どれも同じように見えてしまう、という事です。

淡い色は、人気でもあり、ちびっ子の場合は、ちょっと見方を変えると無難とも言える色合いです。

淡い水色、淡いピンクなど、優しい印象でかわいらしく、私個人的にも好きな色ではあるのですが、舞台で見ると、スポットライトを浴びるからなのか、やっぱり白っぽく見えるのです。
なので、淡い水色も、淡いピンクも、淡い黄色も、白の、どれも白っぽく、なんだか同じように見えてしまうのですね。

今回は、偶然にも、そのような色合いのドレスを着ているちびっこが多く、しかも?!並んで映っている事が多く、なんだかみんな真っ白に見えてしまっていました。

う~~ん・・・。

近くで見ると、はっきりした、少し強め位の色の方が、舞台ではきれいに見えますし、写真も同じようにきれいに映るのです。

本番出来るドレスなどは、生徒さんやご家族の自由ですし、選ぶ楽しみでもあるのですが、優しく、さりげなく、一言アドヴァイスしたほうがいいかなあ~と思っています。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する