合同で発表会をする時、思った以上に覚悟しなければならない事が。

2016年07月10日
IMG_2955.jpg


発表会が、無事に終わり、ちょっとホッとしています。
最近は、他の先生との合同開催が多いのですが、そのような場合、思った以上に驚き、注意しなければいけない点があります。

それは、演奏レベルの差です。

「○○先生のクラス」などは、プログラムに書かれませんので、あからさまに目立つことはないですし、先生によって「このくらい弾けたらOk」というラインも違い、生徒さんによっても変わってくるものですが・・・
う~ん。。。練習の時間が足りなかったのかな?と思ってしまいます。
そのような状態で、しかも曲が長いと、もっと???となります。
客席を見ても、飽きているような雰囲気が漂ってしまうのですね。

本番の進行に何か支障があるわけではないのですが、個人的になんとなく腑に落ちない感じで終わってしまいました。
あまり解決策も思いつかないので、そういうものだと慣れていくしかないのかと思いますが、なんだか難しいですね。


関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する