日頃の体調管理では防げない、思わぬアクシデント

2016年03月09日
IMG_1813.jpg


ピアノのせんせいは、体調管理がかなり大切です。
急にレッスンをお休みするとなりますと、その日にいらっしゃる生徒さん全員に連絡をして、申し訳ないです、と謝り、後日補講のお約束をします。
今日はレッスンだから、とスケジュールを空けて、モチベーションも上げていますので、残念やら、がっかりやら・・・となってしまいます。
大人の生徒さんの場合、そのつもりで、お仕事を早く切り上げて、という事もありますので、大変な迷惑になってしまいます。

座っていられないほどの重症な場合や、またインフルエンザなどでドクターストップがかかっていない場合以外は、頭痛だろうが腹痛だろうがレッスンを行います。これは他のお仕事と同じですね。
でも、ピアノのせんせいという仕事柄、ちょっと困ったケースもあります。

声が出ない

という場合です。
週末に、急に声が出なくなり、だいぶ戻ってきたとはいえ、まだまだ擦れて、ボリュームも出なく、聞き取りにく声のまま、週明けにレッスン。
レッスンの第一声が、「急に声が出なくなってしまいまして、とってもお聞き苦しい声で申し訳ないです。」と平謝り。
声が変なだけで、体調は良いので、うつる事は無いと思うのですが・・・というお話もしてからの、レッスンになりました。

大声で叫びまくったわけでもなく、カラオケでガンガン歌ったわけでもなく、思い当たる節が全くない状態での、まさかの声が出ないアクシデント。
体調管理や乾燥対策では防げないような気もしますので、本当に困った問題です。。。



関連記事
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by | URL | 2016-03-09 [編集]
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する