本番直前の過ごし方&反省点

2016年02月09日
IMG_1502.jpg


先日、本番が終わりましたが、いつも思う事。

本番で、思い描いた通りに演奏することは難しい。。。

思い描いたように弾けるように、練習する訳ですが、弾き込んで「身に付いた」と思っていても、舞台の上では、本当に身についていたものだけしか、演奏できないものです。

さてさて、本番直前、舞台下手に集合して、順番が来るまで待機します。
その時の過ごし方って、本当にそれぞれなのですね。
今回、ご一緒した方々は、みなさん、じーーっとイスに座って、楽譜を広げ、指を動かしていました。

私一人だけ、楽譜を見ないで、舞台のモニターを見て「やっぱり良い曲よね~」と思ったり、腕や肩をグルグル回したり。
舞台のスタッフさんが、どこからかイチゴを持ってきていて、???と思ったり。
やたらに鼻がムズムズしていたので、鼻をかんでいたり。
「お~、すっごいドレスだなあ~」と思ったり。

悲しいことに、物凄くうまくいった、という事があまり無いので、なんとも言えませんが、個人的には、本番直前でも、楽譜をあまり見ないで、フツーに雑談したりしている方が、気負わずにできるのかなと思っています。

今回の反省点としては、「本番では、こんなルーティーンを」と思って練習していたのですが、舞台の上でイスに座った時に、
スタインウェイのフルコンだあ~!おお、すご~い!!と思って、ルーティーンを忘れてしまったこと。

ルーティーンは、完全に身に付くまで、チェックしましょう、ですね。



関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する