本番で実力を発揮するために。

2015年12月28日
2013-10-25 2013-10-25 006 150


先日、本番が終わりました。
まずは終わってみますと、年の瀬に思っている「今年はなにをやったっけ??」という疑問が少しは解消される気がします。笑)

小さなホールでの本番で、しかも、かなりアットホームな雰囲気で、ホールの雰囲気も素敵だったので、普段通りにできるかと思ったのですが・・・、自分としては最悪の出来。

よく、生徒さん方に「本番では、多かれ少なかれ、緊張はすると思うし、緊張しないという事は、まず無いと思うからね」と話していますが、まさに我が身にも起こったという感じがします。

「なので、緊張しても、実力が発揮できるように、頑張りましょうね」と、続けて話をするわけですが、本当に自分で言った通りだなあ~と改めて感じます。

緊張しても、いつものように弾けるようにしておく

本番は、これに尽きるかもしれません。
以前、体操の内村選手が、テレビのインタビューで「寝起きでも金メダルが取れるくらいの演技ができるようでないと」というような事を話していました。
世界のトップ選手とは、比べものにならない事は、重々承知していますが、大いに学べる気がします。



関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する