ショパンとリストのイメージカラー

2015年11月29日
2013-10-25 2013-10-25 006 138


朝晩、かなり冷え込んできて、冬の到来を感じますが、この季節のお楽しみの一つが、フィギュアスケート。
幼少期に数回くらいしか行ったことがないので、ほとんど無縁なのですが、観戦は大好き。
あの華やかさは、スポーツと言う枠組みでは語ることができない気がして、どちらかと言うと、音楽や美術、バレエなどの分類に入れたいくらいです。

一昨日、昨日とNHK杯が行われていましたが、日本人選手が大活躍でしたね。
もっとも、日本の大会なので、緊張はするかと思いますが、アウェー感は少ないのでしょうね。

羽生選手、浅田選手は、ショパンの曲を使用していましたが、淡い水色系、ピンク系の衣装で、ショパンの儚い感じを連想させ、また、生地の材質も、ショパンのしなやかさや柔らかさとマッチしていました。

かたや、同時期とはいえ、対照的だったリスト。
3つの演奏会用エチュードの「溜息」のオーケストラアレンジで演技をした、宮原選手。
はっきりとした色合いで、しかもスカート部分が、同系色で数色使いになっていて、リストの華やかさとゴージャス感がありました。

ショパンもリストも、ピアノを弾く人、特にピアノを専門的にお勉強している方にとっては、欠かせない作曲家で弾く機会も多いものですよね。
本番で弾く事も多々あるかと思うので、ドレス選びの参考にもなります。。。
もっとも、ピアノを弾くので、弾きやすいデザインかどうかを、チェックすることも忘れないようにしたいものです。



関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する