ショパンコンクールの点数が、公開!ファイナルでまさかの1点!

2015年10月27日
IMG_1503.jpg


ちびっ子の生徒さんが、コンクールを受けた時に、あからさまに点数が書かれていて、ビックリしたものですが、ショパンコンクールも、審査の点数が公表されていました。

しかも、1次予選からファイナルまで、すべて。
そして、誰が、どの演奏者に対して、何点入れたのか、包み隠さず、すべて。

いや~、潔く発表しちゃうところが、驚きです。

でも、それにもまして、ビックリしたのが。。。

ファイナルで、10点満点で1点しか入れていない審査員がいたこと!
ファイナルでコンチェルトを弾いても、1点なんて、厳し~~いです。
それはさすが、ショパンコンクールということで、よいのですが、

優勝者のピアノコンチェルトの演奏に、1点しか入れていない審査員がいたこと!
しかも、他の審査員方が、軒並み9点や10点など、かなりの高得点を入れている中、1人だけ1点というのは、どうしたのでしょうか??

よっぽど何かあったのかなあ~と勘ぐってしまいます。
個人的感情が入っていないことを、信じてはいますし、もし、他の審査員と同じような点数を入れたとしたら、まさか、1位と2位が入れ替わる、なんていうことがないことを信じてはいますがね。

満場一致という高得点という事もあれば、そうでないという事もあるわけで、例えば、小林愛実さんのファイナルの点数を見ますと、
8点という高得点もあれば、1点という点数もあり、3位のKate Liuさんの点数を見ても、10点もあれば3点もあり、ショパンコンクールでも、点数ってかなり分けれるのね~と思いました。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する