ゆとりをもって弾くことが、惹きつける&優雅な演奏に繋がります

2015年10月20日
IMG_1497.jpg


ショパンコンクールファイナルも二日目。
ピアノコンチェルト第1番が、ズラズラ~~っと並んでいます。
審査員の先生方は、どんな気持ちなのかなあ、と、ちらっと思ってしまいます。

二日目に登場した、アメリカのEric Lu さんの演奏が、これまた美しくてビックリしました。
特に、冒頭部分は、スッゴイです!
こんなに、ゆとりを持って弾かれている演奏は、ちょっと聴いたことがないかも。
とっても繊細で、素晴らしかったです。

よくちびっこの生徒さん方に「ゆとりを持って弾く」ことを、お話していますが、この演奏を聴かせたい、と思ったほどです。

でも、ちょっと気になったのが、一日目よりも、会場の盛り上がりが少なかったこと。
あれっ?と思いましたがね。

さてさて、明日が最後。
ショパンコンクール2015が、誰が制覇するのでしょうか?
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する