どんな大人がピアノにきている?

2008年10月05日
今や音楽教室、ピアノ教室は、大人の生徒さんが半分以上を占めている、というお話を、以前いたしました。
では、具体的にどんな人がレッスンに来ているのでしょう。

s-IMG_1562.jpg


まず、女性の方がやはり多いのですが、思ったよりも男性が多いのです。
私の場合は、大人3人に1人が男性くらいです。そして、男性の方が、一回ピアノを始めますと、継続してレッスンに通われています。
10年のお付き合い、という男性の生徒さんが一人二人どころではありません。すごいなあと思います。


女性の場合は、残念ながら3年くらいでお辞めになってしまう人が、ぽろぽろといますが、男性と違って、ご自身の都合ではなく、ご家族の都合でお辞めになってしまうことが、結構多いのです。
お子様の受験、進学の為に働かなくてはならなくなった、とか、親の介護、旦那さんの転勤、などです。
やはり、女性はどうしても、家庭の事をある程度任されてしまうので、このようになってしまうのでは、と思っています。

男性の生徒さんは、30代から70代位の方が多く、普通のサラリーマンや学校の先生(大学の先生のいます)、定年を迎えて悠々自適?!は方がいらっしゃいます。

女性の生徒さんは、専業主婦の方(6,70代の方は皆さん)、普通のOLさん、お店の雇われ店長さん、などです。

また、大人の生徒さんは、大半がピアノ初体験で、入会されます。時々、小さいころにピアノを習っていた方がいらっしゃる位です。このような方は、やはり10年、20年とブランクがあっても、大人の生徒さん全体から見ますとお上手なので、ピアノの発表会では、後半に弾くことになりますね。

そして、ピアノ初体験なのに、お子さまにピアノを習わせていた方が結構多いので、ピアノ所有率が高いのです。
これは、現在ピアノレッスンに来ている、子供たちよりも、ピアノ所有率が高い、という現状があるのです。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/118-8ab4ce2d