ショパンコンクール第3次予選が開始。マズルカ・ソナタ難曲ぞろいです。

2015年10月15日
IMG_1155.jpg

ショパンコンクールも後半戦に突入。
もう第3次予選が始まっています。

審査員の顔ぶれを見ますと、さすがショパンコンクール。
そうそうたる顔ぶれという感じで、いや~、豪華ですね。

YouTubeの動画を見ると、演奏者の弾く前の様子もアップで見れるのですが、すっごい緊張感が、手に取るようにわかります。
見ているこちらも、つられて緊張しちゃいます。。。
そんな状況でも、みなさんあれだけ弾けちゃうわけですから、それだけで敬意を表したいです。

3次予選はショパンの心とでも言える、マズルカが出てきます。
これがまた、すっごい難関。
音符を並べるだけなら、ちびっ子でも弾けるかもしれませんが、それだけではショパンにならないところが、難しい。

ポーランド人が有利とも思われる中、でも、ずいぶんと昔の音楽なので、もはやポーランド人でもよくわからない事も多いのだとか。
それぞれの国の演奏者が、どんな風に弾くのか、興味深いですね。

そして、バラードも登場。
2番の冒頭部分などは、「これ、どうしよう。。。」と思うほどのシンプルさ。
4番のテーマも相当シンプルなので、これを「う、うまいっ!」弾けるのは、至難の業ですから、楽しみです。

ソナタも、いい曲なのですが、これまた恐ろしく難しい曲ですよね。
ショパンの代表作なので、聴く方としては楽しみですがね。

ファイナル進出がかかっている大一番の舞台なので、見逃せません!
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する