ピアノ講師って、どんな人なのか?

2008年10月06日
ピアノの先生というと、「裕福な家庭で育っていそう」「優雅な生活をしていそう」と、思われているところが、とても多いのですが、実際はどうなのか、お話をしてみたいと思います。

s-IMG_2164.jpg

私が通っていた音楽系の高校では、ごくごく普通のサラリーマンの家庭の人が多かったですが、そうでない人もちらほらといました。
別荘を持っている人も、そう珍しくなかったですね。
15年くらい前の当時に、すでに、ブランドのバックで学校に来ている人もいましたね

「祖父の家がお寺で、お布施がたくさんあるそうで、その辺にごろごろと札束が転がっている」
「お母さんが自宅でピアノ教室をしていて、夏になると海外の音楽院るんるんの教授が遊びに来る」
「両親が共に、大学で教えていて(お父さんは教授)、世界で活躍をしている有名なピアニストるんるんが日本に来るたびに、家に泊めている」

高校に入るまで、地元の公立の学校に通っていたので、この事実を知った時には、本当に、ビックリがく〜(落胆した顔)
場違いなところに入学をしてしまった、と思うことよりも、さすが私立exclamationと感動してしまったくらい・・・

その中で、さらにリッチな家庭の人がいるわけで、「別荘があって、そこに自分の(高校生のクラスメート)馬を持っている」という事を知った時には、もう笑うしかありませんでしたね。
彼女のお家に行ったことはないのですが、お屋敷なんでしょうかね。

そして、夏休みに家族で海外に遊びに行ったらしく、仲間内全員にシルクのパジャマぴかぴか(新しい)を配っていました。
高校生ですよ・・・すごいですね。
音楽をやっている人の生活が見えた時でした。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/117-6f47da62