こんなに違う、改めてショパンの奥深さを感じます

2015年08月30日

2013-10-25 2013-10-25 006 103

最近は、ショパンコンクールの予備予選を聴いていますが、本当に面白いですね。
クラシック音楽は、古典芸能の型のように、楽曲がきっちりと作られていますが、でも弾く人によって、まるで別の曲のように、まるっきり違ってしまうのですよね。
本当に不思議です。

例えば、今回のショパンコンクールの予備予選。
Yike Yangさんは、かつてアジア人で初めてショパンコンクールで優勝した、ダンタイソンさんの愛弟子だそうです。
とにかく柔らかく、どこまでも丁寧で、粗がどこにもなく、優雅で美しい演奏です。
こんな演奏が出来てしまうとは、スゴイとしか言えません。

そして、小林愛実さん。
言わずと知れた、世界で活躍する若手ピアニストですね。
今回参加している日本人ピアニストの中で、かなり期待されているのでは、とも思います。
かなり早くから注目されていましたが、あの時のかわいらしい女の子から、いまではすっかり大人の女性になっています。
スケールの大きさや、華やかさ、迫力などは、圧倒するものがあります。
ちょっと惜しいっ、と思うところもありましたが。

丸山 凪乃さんの演奏は、先日、生徒さん方にも、ちょこっと聴いてもらいました。
一番の若手なので、ちびっこの生徒さん方には、一番親近感をもって聴いてもらえるかと思ったのですが、

うわ~、スゴイっ!
15歳で、こんなにすごいんだ・・・。

本当に、私も同感です。。。

世の中には、すごい演奏をする人が、ごろごろいるんだなあ~と改めて思います。
そして、ショパンの演奏の幅広さも。
これだけ異なる演奏が聴ける作曲家も、そうそういないかもしれませんね。

もう少ししますと、日本でも、早くも、ショパンコンクール優勝者のコンサートのチケットも販売されます。
まだ結果が出ないうちに販売のようですが、いち早く生で聴きたい方は、要チェックですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する