コンクールの審査員の先生方の様子を見ていると、興味深いです

2015年04月05日
2015-03-21 2015-03-21 001 005


ピアノのコンクールの全国大会に行ってきました。
審査員席は、客席の中央部分に、間隔をあけて設定されていることが多いです。
審査員の先生方は、休憩や出入りの時なども、お互いに話す事もなく、様子を見るだけでも、ちょっと緊張します。

コンクールの演奏を聴きつつ、審査をしている先生方を見てきましたが、これがまた、なかなか興味深いものです。

講評がもらえるコンクールだったのですが、演奏が始まってまもなく、鉛筆を走らせる事が多かった気がします。
さすが音大の先生方ともなりますと、ほんの少し聴いただけで、色々と思うところがあるのでしょうね。
そういえば、私もかつて、出だしの和音を弾いて、ため息をつかれて、「もうちょっとなんとかならないの~??」と何回もダメだしされたことを思い出しました。
結局、1時間レッスンで1段も終わらなかったですがね。

講評を書いていない時も、ほとんど下を向いて、演奏を聴いていた先生もいれば、凝視しているような先生もいました。
参加した生徒さんに聞いてみると「見られていて、ちょっと怖かった。。。」という感想だったそうです。

演奏が終わっていても、講評を書き続けている場面も、ちょこちょこ見受けられました。
伝えたい事が多いのかもしれませんね。

全国大会のコンクールともなりますと、「凄いなあ~」という演奏をしている方もいるものです。
審査員の先生方も、さすがに、動きが止まって、聴き入っている様子でした。

そして。。。

演奏が終わったら、なんと、拍手をしている審査員の先生もいらっしゃいました。

私が見ていた中では、これが、最初で最後でしたが。
ちょっと音のバランスが惜しいかなあという所はありましたが、ピティナや学生コンで、十分に上位を獲れそうな感じでした。
もちろん、!?今回のコンクールでも、第1位でしたね。

それにしても、朝から夜まで、ずっと審査をして、しかも、講評を書き続ける、審査員の先生方も、本当に大変だなあと思いました。
敬意を評したい感じです。。。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する