コンクールの結果は良くても、手放しでは喜べない事もあります

2015年03月23日
2015-03-18 2015-03-18 003 004


生徒さんがコンクールに参加しました。
全国大会に進めることになったので、結果としてはよかったのですが。。。

いまいち、乗り切れない演奏だったので、ちょっとあれっ??とは、思っていましたが、予想以上に点数が低くて、なんだかとても気が重いです。
もちろん、点数は持ち越しではないので、全国大会には何の影響もありませんが、審査員の先生方の点数のばらつきが殆ど無いということは、誰が聞いても同じくらいの評価ということになります。

はあ。。。

いや~、厳しいですね。

点数を気にして、点数を取るための演奏になるのは、本来の音楽のありかたではないと思うのですが、生徒さんが目指している演奏が、より良い評価や結果に結びつくようにしてあげたいなあとも、思うのです。
こちらの指導力が、とても問われている感じがします。
責任の重大さを改めてかみ締めつつ、私も一から勉強しなおさないと、と思っています。



関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する