ピアノの先生へのお礼 、生徒さんからもらって困るもの

2008年10月10日

ピアノの先生って、けっこう事あるごとに、生徒さんから色々なものをもらうんですプレゼント

お中元、お歳暮、お年賀、クリスマス・プレゼントクリスマス、ホワイトデー、旅行のお土産、発表会などのお礼など。

 

このご時勢、お中元やお歳暮って、だんだん差し上げる人が減ってきているんですよね。

でも、ピアノの先生からすると、そんなこと全くないんですね。
ピアノの先生
を始めた時も、今現在も、変わらずに生徒さんから色々と頂いています黒ハート

 

感謝してますし、ありがたくいただいていますよ。でもね・・・

 

ここだけの話、正直言って、「うげーーーーっ」とか「はあーーーっ??」っていうものもあったりするんです。ふらふら

これは、私だけでなく、周りのピアノの先生たちもそういうことがあるんですって。

そんな話を、こそっとお話しようと思います。

s-IMG_1488.jpg

私自身の話ですと、生徒さんお手製の佃煮を頂いたことがあります。

味は美味しかったんです。

でも、その材料を取るために山に6時間もこもって取ってきたんですって。

その苦労話を、永遠と聞かされました。。。とほほもうやだ〜(悲しい顔)・・・

しかも、「わざわざ先生の為に」と言わんばかり。

 

ホント、参りましたね。

正直言って、引きました。

 

また、珍しい切り花かわいいを頂いた事もありました。

小さい空き瓶に水を入れて、それをセロハンテープで箱に固定させて、持ってきたんですね。

随分、ご丁寧に持ってきたなあ、と思いつつ受け取ったら、「あっ。そのビンは先生に差し上げるけど、外の箱だけは今度返して」

 
はっ??

普通の箱ですよ。ごくごくふつーの。

しかも、これを言ったのは60代のおじさん。

ホント、ビックリしました・・・


もちろん、ちゃんと次の週、お返ししましたよ。(笑)

いろんな生徒さんがいるんでするんるん

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/111-71d8c5f8