お医者様が実践しているインフルエンザ予防は、ピアノレッスンにも有効です

2015年02月16日
2009-02-28 2009-02-28 002 003


少しづつ、春が近づいているのかなあと言う感じがする、今日この頃。
それでも、まだまだ油断大敵でして、風邪やらインフルエンザには、気をつけなければならないですね。
年中気をつけてはいますが、「インフルエンザで学級閉鎖になった」というお話を聞きますと、あら~と思います。

インフルエンザ予防のために、予防接種をしていますが、それだけではなく、色々な対策を、お医者様はなさっているそうですね。
例えば、アルコール性の消毒液は、十分対策になるのだそうです。
また、インフルエンザ予防で、注意する場所として、ATMや電車なのだそうです。

非常にリスクが高いそうです。でも、乗らないわけには行かないですがね。
そのためには、電車のドア側や壁などに背を向けて乗るのが良いそうですね。
また、お店やカフェでは、壁際に座ると、目の前からウイルスが飛んでくるのを防げるのだそうです。

また、ガムやアメなどを食べて、唾液が良く出るようにする
起きたら、すぐに歯磨きをして、口の中をキレイにする
きのこを食べて、ビタミンDを摂取する
一日20分日光浴をする

なども、お医者様は心がけているそうです。
ちなみに、日光浴の場合、日焼け止めを塗っていると、効果が減るそうですが、手のひらだけの日光浴でも良いそうです。

今日から、実践したいです。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する