珍しい!!チェルニーの曲だけのCD

2008年12月22日

2008-12-09 2008-12-09 003 004.jpg


珍しいCDが発売されます。

「チェルニーのヴァイオリンとピアノのための3つのソナチネ」です。




ピアノを弾いている人にとって、チェルニーは、けっこういや~なイメージがあるかもしれませんね。
だって、散々チェルニーの練習曲をやらされた記憶があると思うので。

特に、ピアノの先生にとっては、また、ちょっとピアノの演奏歴が長い人にとっては、必修教材ですからね。
チェルニーの100番練習曲から始まって、30番の練習曲、40番の練習曲、50番の練習曲というように、
ずーーーーーと、このチェルニーに苦しめられましたから。(笑)

今でも、「ホントに、このチェルニーって、まあ、よくも飽きずにつまらない練習曲を、こーーーんなに書いたよなあ」って、
ミョーに関心しちゃうんですがね。

そんな、ある意味かわいそうなチェルニーさんですが、実は、ピアノの曲や、シンフォニー、コンチェルト、合唱曲など、
色々なジャンルの曲を書いていたそうです。

へえー、知らなかった。。。


その中から、「チェルニーのヴァイオリンとピアノのための3つのソナチネ」などの、ちゃんとした?!曲を演奏したCDがクリスマスの日に発売されるそうです。

これを聞いたら、チェルニーのイメージが、ずっと良くなりそうですね。(笑)
関連記事
この記事へのコメント
No title
ふーちゃん先生
私も、チェルニーは、つまらないと思い、いやいや
練習していたら、30年もたった今では、楽しいの
です。不思議ですね。
ふーちゃん先生も、そうなのではないですか?
懐かしさに掻き立てるような。
また、お便りします。
Posted by FUMI | URL | 2013-02-10 [編集]
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/11-4a5e7659