コンクールに出演するときの練習

2015年02月03日
2014-08-17 2014-08-17 005 001


コンクールに出演する事は、本当に色々と大変なものです。
自分の演奏をいかに完成度を上げて、しかも、本番1回だけの演奏で、実力を出し切れるのかが、勝負になります。

そんな緊張感の中で、小さい年齢の生徒さんも、たった一人で舞台で戦うのですから、考えて見ますと、とんでもなく大変な事だと、改めて思います。
大人でも、キツイですからね。

日々、本番が近づいている生徒さんは、レッスン日以外のときでも、お教室に通ってグランドピアノで練習を積んでいます。
本番は、当然グランドピアノですから、タッチに慣れることや、自宅とは異なる広い空間での練習が、特にコンクールでは必要かなと思います。
広い空間も、慣れないと落ち着かなく、気が散ってしまうので、慣れる事が必要です。
身の置き所が無いという感じになるんですね。

コンクールでは、発表会以上の緊張感があるので、色々なところでストレスを感じて、神経を摺り減らさないように、練習段階でも気をつける事が、大切ですね。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する