牛田智大くんの本を読んでみました。

2014年01月09日
2013-10-25 2013-10-25 006 027.jpg

至上最年少のクラシックピアニストとして、すっかり浸透した、牛田智大くん
あちこちのテレビでひっぱりだこ状態で、話題性も人気もすごいですね。
テレビでは、演奏だけではなく、インタビューなども見ていましたが、やっと!?今更ながらですが、公式本を読んでみました。

リトル・ピアニスト 牛田智大

伊熊 よし子
扶桑社

Amazon のページ


見つけた途端に、即決で購入したのですが、実際に手にとって見ますと、最初の方は、写真がとっても多くて、「写真集だっけ!?」とビックリしました。
ファンには、たまらないかもしれませんね。

これまでの足跡や、普段の生活の様子なども書かれていました。

やはり、練習量はすごいです。
同じくらいの年代の生徒さんに、牛田くんの生活について話したところ、「え~、いつ寝るの?無理、無理!」と言っていました、笑。

やはり、あれだけの演奏力は、練習の賜物なんだなあと思いました。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/1081-8eeeb861