どうなる?佐村河内さんの音楽。

2014年02月10日
2012-08-03 2012-08-03 004 005.jpg

当初予想していた以上に、大きな問題になっていて、もうびっくりとしか言えない感じです。
なにが本当なのか、どこまでが真実なのか、よくわからなくて、疑惑がどんどん膨らんでいるのが、残念ですね。

ピアノの生徒さんも、この話題については、みなさんご存知のようで、「ああ、例の・・・」という反応です。
「始めから共同作曲者で、出すわけにはいかなかったんでしょうかね」という意見も出ていました。

音楽については、作曲家などの専門家の評価も、かなり分かれているらしいですが、NHKの大河ドラマの音楽やドラマ「砂の器」の音楽などでも有名な千住明さんが、

きちんと作曲を勉強した人が、熱中して書いた作品とコメントしていました。

色々あっても、実際に曲を書いた作曲者は、情熱を傾けて、苦労して生み出したと思うのです。
その努力には、敬意を表したい気がします。
音楽に、不のイメージが付かないことを願いたいです。

そして、その音楽を、これまでと変わらず「素晴らしいから使用する」と明言した、フィギュアスケートの高橋選手のように、純粋に楽しみたいものです。
高橋選手の渾身の演技で、「いろいろあったけど、やっぱりいいね、この音楽」と思う人が少しでも増えるとといいなあ~と思います。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/1056-8983ae76