ピアノが上手になるために大切なこと

2014年02月25日
2013-10-25 2013-10-25 006 059.jpg

ピアノの本番に、自分のピークを合わせることって、本当に難しいですね。

オリンピックを見ていても、ピアノを弾くことに共通することって多いなあと感じながら観戦していました。
金メダル確実と思われていて、それまでの実績という裏づけがあっても、その日その時に、いざ行ってみると、本当に思わぬ結果になってしまうこともあるのですね。

いつもは、難なく弾けている所が、急にミスしたりして、本人も回りも「あれっ??」ということもありますよね。
ピアノの先生という立場でも、そのような生徒さんを見ることもありましたし、自分自身の体験もあります。

そのときに、「あ~、びっくりした・・・」という感想や、「でも後でフォローできてよかったね」というだけでは終わらせないほうが良いのかなあと思っています。

どうしてそうなったのか。
そのとき、どうしたらよいのか。
そうならないために、これからどうしたらよいのか。

ということを考えて、これから実践していくことが、とても重要なのかなと思っています。

先日の本番で、出演した生徒さんに「どうだった?」と聞いてみたところ、感想とともに、●●がちょっとうまくいかなかったという話が出ました。
小学生でも、ちょっと聞いてみると、数曲弾いていても、どの曲のどの部分が、思うように弾けなかったのか、ちゃんとわかっているんですね。
その後の分析や、対策などを一緒に考えて話すと、生徒さん本人も「あ~、そうかあ」という感じで、横で聞いていたお母様も頷いていました。

本番を数多く体験することだけでも、貴重で、大きな経験ですが、その体験を最大限に生かす事が、次に繋がって、成長できるのかなあと思っています。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/1045-2b158391