はじめてのピアノコンクール

2014年03月04日
2013-10-25 2013-10-25 006 065.jpg

ピアノのレッスンをしていて、どんどん実力がついてきますと、コンクールやオーディションに参加することがあると思います。
演奏に対して点数をつけるとか、合否をつけることに、以前はかなり否定的な考えを持っていました。
もちろん、今でもあまり気持ちの良いことではないですし、一生懸命演奏しているのに、「あなたは間違えたから不合格ね」みたいな音楽の聴き方は、ちょっと違うかなあ~という気はしています。

でも、「コンクールなどに出場することで、のびる生徒さんがいる」という事を体験談として聞いたりするうちに、少しづつ考えが変化しました。
日ごろから練習をかなり頑張っている生徒さんの中で、「このくらい弾けていれば、ある程度は良い結果が得られるのでは」という生徒さんに、ちょっと勧めてみています。

もちろん、生徒さんのお母様方には、コンクールと言う特質上、良い結果が得られない可能性もあるので、その時はフォローをお願いします、という事をお話しています。

生徒さん自身にも、真剣な顔で「上手な人ばかりが出るから、良い結果じゃない事もあるよ。それは出る人全員が同じだけどね。だから絶対に出てね、とは言えないわ。だから、よ~くおうちの人と相談して、決め手ね」とお話をしています。

生徒さんを初めてコンクールに出した時は、本当にドキドキで、口から心臓が飛び出そう、とhが、このことか!という位に、緊張したので、その時にあったらよかったなあ~という本を見つけました。






はじめてのピアノコンクール~先生と保護者のコンクール活用法~

塚原 利理
ヤマハミュージックメディア

Amazon のページ





これから、コンクールなどに参加する生徒さんも、まだまだ出てくると思うので、手元においておきたい気がしています。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/1043-fdf73416