簡単に暗譜が出来るようになるために、筆記用具の色に注意

2014年06月14日
2012-06-28 2012-06-28 002 018.jpg

新しい曲を練習していますと、慣れてある程度弾けるようになるまで、あちこち間違えますよね。
正しい音が覚えられないとか、わかっているのに、いつも違う音を弾いてしまうとか、指を間違える、という事もよくあります。

なので、筆記用具を置いて、楽譜にチェックを書きながら、ピアノの練習をしていると思います。
もちろん、私もそうです。
鉛筆、またはシェープペンシルを使う事が、殆どだと思います。

レッスンの時は、赤鉛筆や赤ペンなどを使う事が多いのですが、
赤色でチェックするのは、脳科学的には最悪なのだそうです。

いや~、知りませんでした・・・。
黒よりも、赤の方が目立つから、直しやすいかなあと思って使っていたのですが、実は最悪だったなんて、ビックリです。

では、何色が効果的なのか??という事なのですが、


青色が効果的なのだそうです!


青色は集中力を高めるので、、暗記しやすいのだそうです。 

青色が集中力に良いとかで、勉強部屋のテーマカラーにすると良い、というような事を聞いた事がありますが、筆記用具にも応用できるのですね。

しかも、ちゃんと脳科学的に効果があると言うのですから、使わない手はありません。


楽譜チェックは、これから青色で、決まりですね。


関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/1009-35a79f85