ベテランのコメディアンも、本番前は私達と同じなんですね。

2014年07月07日
2014-05-01 2014-05-01 002 024.jpg

発表会などの本番は、何回経験しても、緊張しないことって、殆どないですね。
ちびっ子の生徒さんに、「どうやったら緊張しないで弾ける?」と聞かれた事がありますが、「う~~ん、残念ながら、緊張しないで弾くのは難しいかな」と答えています。

ものすごく昔、人生で初めて、緊張しないで、弾けた事があります。
それまで、頭が真っ白とか、心臓がバクバクして・・・ということばかりだったので、「これはスゴイ」と思ったんですね。
全くミスをしなかったこともあり、出来に、かなりの自信があったんですがね、あとで先生の講評を聞いたら、

・・・・。

でした。まあ、そういうものなんですかね。
なので、程よい緊張が大切なのかなあと思っています。

コメディアンの志村けんさんは、ベテランというよりも、大御所というべき存在ですが、今でも本番などでは緊張するそうですね。
前夜に、必ず、セリフが一個も出てこない夢や、歯が全部抜け落ちる夢などを見るそうです。

本番をみますと、いつもお腹を抱えて笑うような芸ばかりなので、そんな感じが全くしないので、驚きです。
でも、そういうお話を聞くと、少し励みにもなりますね。

ちなみに、座右の銘は「心」だそうで、なんでも心をこめてやれば、必ずわかってもらえる、ということなのだそう。
本番でピアノを弾くとき、緊張していても、音楽に対して敬意を持ちながら、心をこめて引いていきたいなあと、改めて感じました。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/1004-c0dcde02