直木賞受賞作品『蜜蜂と遠雷』は、アマゾンで「文句なしの最高傑作」と言う声も。

2017年02月28日
2013-10-25 2013-10-25 006 145



本の世界で芥川賞と並ぶ、直木賞の受賞作品の、「蜜蜂と遠雷」は、国際音楽コンクールを舞台にした内容だそうです。
「ボリュームがあるけれど、読みやすい」と、読んだ方は話していました。
ピアノのせんせいとか、コンクールに出ているとか、音大生とか、専門的にやっている立場から見ると、一般の方から見た視点の面白さも味わえるそうですね。
浜松国際などを、長い期間取材されて書かれたそうなので、けっこうリアルに描かれているのかなあとも思っています。
アマゾンで、文句なしの最高傑作! と紹介されているので、さすが評価が高いようです。

早速、大人の生徒さん方と読んでみたいなあと思っています。

蜜蜂と遠雷

恩田 陸
幻冬舎

Amazon のページ

ヴァレンタインチョコ、意外な方々に好評でした。

2017年02月17日
2013-10-25 2013-10-25 006 155


火曜日のバレンタインデー。
その他の日の生徒さん方にも、チョコレートをお渡ししました。
男の子や男性だけではなく、女の子やおばさま方にも。
片っ端から配りまくった感じです。

モーツァルトチロルとそのほかのチョコレートをミックスしてお渡ししたのですが、ちびっ子方は、お菓子もらえたーっ!というような反応で、モーツァルトチロルよりも、シュワ~っとした弾けるような味わいのチョコレートの方が反応が良かった気がします。

私が一押しの?!モーツァルトチロルは、意外にも?!おばさま方に大ウケでした。
まあ~、かわいらしい!という声や、私にも頂けるの?と言うような反応でしたね。
食べ終わったら、この包み紙を取っておくわ!とおっしゃったおばさまもいらっしゃいました。

また、学生さん方は、「かわいい~、他の作曲家のシリーズって無いんですか?」とか、私が初めて箱買いしたのよ~と話したら、「うける~~っ」と、大笑いしていました。

本当にちょっとしたものを差し上げたまでですが、それでも喜ばれたりするのは嬉しいものですね。
また、ちょっとでもモーツァルトが身近に感じられたら、大成功かもしれません?!

大人の生徒さんへの、バレンタイン

2017年02月09日
2013-10-25 2013-10-25 006 083


来週は、バレンタインですね。
もちろん通常のレッスン日なので、続々と生徒さん方がいらっしゃる予定です。
多かれ少なかれ「何かあるかなあ~」と思いながら来るのかなあ~とも思い、バレンタインギフトを探しています。
ちびっ子は、モーツァルトチロルにしようと思っていますが、海外旅行のお土産に、現地のチョコレート詰め合わせを買って来て下さるような大人の生徒さんなどに、チロルチョコと言うのも・・・と思っています。

そして、今回選んだのが、ゴディバのチョコレートクッキー。

ゴディバのチョコレートは定番だと思うので、クッキーにしてみました。
パッケージもちょっと高級感がある感じで、小さいので、差し上げやすいかなあとも思っています。
珍しい訳でもなく、結局落ち着くところに落ち着いたような、無難なものになってしまった気もしますが、美味しいので、まあ良しとしておきたいと思います。

ゴディバ (GODIVA) ミルクチョコレートクッキー 5枚

ゴディバ (GODIVA)

Amazon のページ