本番直前、弾き込むと新たな問題が発生してきます。

2016年11月29日
IMG_2511.jpg


本番直前ともなりますと、どなたでもラストスパートとばかりに?!いつも以上にピアノの練習量が増えてきます。
その時には、また新たな問題と言うものも発生してくることがあります。

例えば、体の疲労。

指先が痛くなる、肩がこる、腰が張る、などがありますね。
私の場合は、元々腕の筋肉量が少ないため、二の腕の筋肉疲労が出てきます。
その場合には、塗り薬や、マッサージなどを利用しています。
ちょっとだるい位でも、あまり侮らない方が・・・と言うのも、疲労はどんどん蓄積してくるので、最初は大したことが無くて、耐える事が出来ても、そのうちちょっと弾いただけで、もう弾けない~という事になったら大変ですね。

そして、気分の疲労。

精神的な疲労は、気分転換で解消ですよね。
コーヒーブレイク、お散歩などでしょうか。
面白いテレビやビデオで笑うのも、かなり解消されます。

そして、自分の演奏への迷い。

弾き込んでいくと、「これで良いのだろうか」とか「練習するほど、だんだん下手になってく気がする」とか「なんだか弾けなくなってきた」と言うものもあります。
練習をしていて、上達が見られない場合には、まずは気分転換が良いかもしれませんね。
レッスンでは、状況によっては「2日くらい、この曲を弾くのを辞めましょう」という事も話しています。
曲に入り込み過ぎているがゆえに、調子が乱れているので、少し曲との距離感をとって、また新たな気持ちで弾けるように、仕切り直すように、お話をしています。

演奏に対して迷いが出ている場合には、こちらから「大丈夫ですよ、このまま自信をもって弾きましょう」とお話をしたり、自宅で録音して聴いてみるのも良いですね。
新たなアイディアが閃いて迷っている場合には、もちろん相談に載っています。

本番直前では、もちろん、体調管理も、かなり重要なので、風邪対策、けが対策もしたいところです。
捻挫、骨折とまではいかなくても、指先を紙で切っただけでも、けっこう痛いので侮れないですね。
そして、最後は「本番、成功しますように」と念力を?!送っています(笑)。
ピアノのせんせいは、結局、最後は、これしか出来ないのが、もどかしい。。。

恩師のレッスンは、自分の仕事にも大いに役立つものです。

2016年11月23日
IMG_2383.jpg


先日も、行ってまいりました。恩師のレッスン。
きちんと?!通うようになってから、だいぶ経ったので、それほどの敷居の高さと恐怖感?!は無くなりましたが、それでも「じゃ、弾きま~~すっ!」という感じにはならないですね。
でも、ピアノだけではなく他の事でも、期待して結果として良かったことというのは少ない気がしますし、むしろ想定以下の結果だった時の喪失感はハンパでなくがっかりするものなので、近頃では、とにかく期待しないようにしようと頑張っています。

そんな感じで、レッスンに行ってとりあえず一回通して弾いてみました。

そうすると「前よりずっと良くなってるわ。色々な表情も付いてきたし」とお褒めの言葉が・・・
でも、もちろんその後は、トリルのダメ出しの連続で、

なんかねえ、汚いのよね。

・・・とほほ、汚物のような感じになってしまいました。。。
でも、身に覚えがあるので、「そうですよね・・・スミマセン」という感じでした。

あなた、指だけ回そうとしているでしょ。全然音を聴いていないのよ。それで思うように動いていなくて、イライラしている感じ。

さすがに、よくぞ、見抜かれています。
言われてみますと、トリルは「回せ~!」という感じで弾いていて、聴くどころではない、と言うのか、ひと塊になってしまっていました。
なので、表情を付けるどころで無いのですよね。

後々、自分の演奏の録音を聴いてみますと、「なんだ、これは。。。」と、あまりに下手すぎて、本当にビックリしました。

レッスンの始めこそ、お褒めの言葉を頂きましたが、要するに「もう一息ね」という感じでしたね。
もう少しで本番なのですが、昨年も同様の本番があり、その時は「まあ、とりあえず、弾いてらっしゃい、という感じだったけど、今年は音もだいぶなってきたし、今年の方がずっといいわよ」と励ましのお言葉も頂きました。

前の本番との比較で、成長を認めて励ますと言うのは、私もレッスンで活用してみたいなあと思います。

さらさらな使用感のハンドクリーム

2016年11月18日
IMG_2392.jpg


個人的には一年間ハンドクリームが欠かせなく、自宅用、持ち歩き用など、複数使用しています。
ピアノを弾く直前には使用しませんが、レッスンに行くときの必須アイテムになっている感じがします。

保湿力は欲しいけれど、ずっとクリーム感が残っていると、いざピアノを弾く時に手を洗ってクリームを落としてから、という事になってしまい、手が冷えてしまうので困ってしまいます。
なので、さらっとした使用感も譲れません。

ちょっと前から愛用しているのが、クナイプのハンドクリームです。
色々な香りがありますが、グレープフルーツが爽やかでいい感じです。
若干お高めですが、防腐剤や鉱物油、パラフィン、シリコン、着色料を使用していないので、手には優しいのかなあと思っています。

レッスン室は個室で狭い空間ですし、香りの好みには個人差が大きいので、香水はご法度な気がしていますが、付けた直後に香るくらいなので、安心です。
ピアノの先生の手がガサガサというのは、幻滅してしまいますし、避けたいので、上手にハンドクリームを選んで使用していきたいです。

クナイプ ハンドクリーム グレープフルーツ

クナイプ

Amazon のページ