ヤマハ音楽教室の生徒さん、平均年齢が、想像以上にビックリ。

2015年03月29日
2015-03-21 2015-03-21 001 003


ひと昔前、いや、ふた昔前!?は、音楽教室と言うとヤマハで、子供のグループレッスンというイメージでした。
大人が通うイメージって、殆どなかったですね。
音楽教室の大手という、強いブランド力は現在でも健在なのですが、いまや、子供のお教室というイメージが変わっています。
もちろん、子供のグループレッスンもありますが。

現在通われている生徒さんを見ますと、10代20代の生徒さんは、わずか1割ほどなのだそうです。
圧倒的に、他の年代が多いという事です。
そして、生徒さんの平均年齢は、およそ45歳。

思った以上に、高い年齢で、私もビックリしました。

考えて見ますと、私の生徒さん方も、またお教室で見かける生徒さん方も、大人がとても多いですし、70代以上の方もよく見かけます。
みなさんとても明るくお元気なので、いつも「私が同じ年齢になったら、このように過ごせるのだろうか」と、凄いなあと思いながら見ています。

少子高齢化というものを、とても強く感じます。

漫画で和声をお勉強。キャラ和声 -和音記号の擬人化でもう丸暗記とはサヨナラ!-

2015年03月27日
2015-03-21 2015-03-21 001 001


ピアノを弾くときに、テクニックだけではなく、ハーモニーを聴き取り、響きやその変化を感じながら弾く事は、とても大切ですね。
単に、指だけを動かして弾いている演奏は、一本調子で魅力が乏しく、すぐに見抜かれてしまいます。
なにより、弾いている方が、その曲の美しさを理解できていないのかなあと、もったいなく思ってしまいます。

音大や音高生、またそこを目指している方は、和声のお勉強が必須ですが、一般的には、音楽教室ではあまり指導していない事が多い気がします。
30分や1時間のレッスンでは、そこまで出来ないという事もありますしね。

学生時代、個人的には和声は好きで、そこそこ出来ていた記憶がありますが、指導するとなると、なかなか難しいところもあります。
楽しく、そして分かりやすく、和声をお勉強できないかなあと思っていたのですが、かなり、興味深い本を見つけました。

その名もキャラ和声

和音1つ1つに、キャラクターをつけて、擬人化して学べるという、なかなか画期的なアイディアです。
これならちょっとした時間の隙間にも、気軽にパッと読めそうですし、小学生でも楽しく理解してくれそうです。
早速、生徒さんにオススメしてみようかなあと思っています。

発表会の曲決め、新たな展開

2015年03月25日
2015-03-21 2015-03-21 001 025

発表会の日程が決まり、生徒さん方の曲を決める季節です。
前々から、「今年はどんな曲にしようかな?」と、話はしていますが、今年は、ちょっと面白い展開になりました。

お母さまが、インターネットで色々と検索して調べて、見つけてきたのです。

うちの子には、ちょっと難しいとは思うのですが、どうでしょう??

確かに、弾きこなすには、ちょっとハードルが高い曲だったのですが、昨年などは、意外にも早く曲が仕上がり、もっと難しい曲でも大丈夫かなあと思っていたところでした。

まあ、確かに、長いですし、けっこう難しいのですが・・・、でも頑張れば、まあなんとか。。。
今年は、ちょっと難しい曲にチャレンジと言う事でも、良いかもしれませんね。

という事になりました。
おかあさまが、積極的に動いていただける事は、とても嬉しいものですね。