ピアノの指導書にも!あたながピアノを教えるべき11の理由

2013年03月29日
2013-03-23 2013-03-23 001 001.jpg

ピアノの先生という仕事をしていますと、生徒さん方が楽しくレッスンに来ている姿を見たり、これまでできなかったことが出来る様になったり、成長を身近に、また長く見ることが出来て楽しいものです。
でも、それと同時に、どうしたら、もっと●●にさせてあげられるのだろうとか、指導の悩みも多いものです。
そんな時にヒントになりそうな本を見つけました。

あなたがピアノを教えるべき11の理由という本です。

以前、ご紹介した「あなたがピアノを続けるべき11の理由」と同じシリーズのようです。http://ontsure.seesaa.net/article/226376893.html
ピアノの指導者がぶつかる壁に、ピアニストの舘野泉さんをはじめ、作曲家やベテランのピアノ指導者が回答してくれています。
発表会の準備前に、じっくりと読んで起きたい本ですし、ピアノを習っている大人の方にも良さそうな気もします。




あなたがピアノを教えるべき11の理由

飯田 有抄
ヤマハミュージックメディア

Amazon のページ

ピアノをやめる時にピアノの先生へのお礼や手土産について

2013年03月22日
2012-04-08 2012-04-08 002 004.jpg

春は新しい生徒さんとの出会いが楽しみでワクワクする季節ですが、それと同時にお別れをしなければならない生徒さんが出てきてしまう、寂しい季節です。
最期のレッスンの時に、生徒さんから頂いたもの。

地元の有名スイーツ店の焼き菓子プレゼント

お菓子と一緒にお手紙が入っていて、便箋にびっしりとこれまでのお礼などが書かれていました。
小学生の時から通っていて、もう10年以上のお付き合いだった生徒さんです。
小学生だった生徒さんが、来月からは社会人になって、ピアノのレッスンをやめるというよりも、卒業していくという方がピッタリな気がします。
お手紙を読むと、仕事に慣れてきたらまた再開したいとの事なので、一時休止という感じもします。

ちなみに、私も生徒さんへささやかながら記念の品をお渡ししたました。
プレゼントしたものは、スワロフスキーの筆記用具です。
持つところに、小さいクリスタルがたくさん入っていて、キラキラ輝いてきれいなんですぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい)
SWAROVSKI スワロフスキー Crystalline Lady ボールペン White Pearl & シャープペンシル 専用保存

ホワイトパールカラーのボールペンと、シャープペンのセット。 ボディ内部にはクリスタルがあしらわれています。 専用保存箱入りでギフトにも最適です。 シャープペンは使いやすい独自の構造で、キャップを開けると...


まるでプレゼント交換会みたいになってしまいましたが。。。笑。
プレゼントを選ぶのは、基本的にはとても楽しい事なのですが、年代が違うので、結構難しいですね。
クリスタルのキラキラしたものは、そんなに外さないかなあと思って選んでみました。
でも、今のご時世、パソコンでの仕事が多いので、そもそも筆記用具を使うのか??と、心配ですが。

また、本当にピアノのレッスンで再開出来たらすごいなあと、ちょっと期待もしちゃいます。

春に、ピアノレッスンで生徒さんと話す事

2013年03月12日
2013-02-16 2013-02-16 002 007.jpg

ポカポカ陽気になってきて、春が近づいているなあという気がする今日この頃です。
生徒さん方とレッスンで話す事と言うと、もっぱら花粉症の事です。
花粉症に苦しんでいる方がとても多く、花粉症でない方は、本当にごくごく少数派です。
大人の生徒さん方もさることながら、ちびっ子たちも花粉症の子がちらほらいるのです。

みなさん、外出時にマスクと眼鏡が必須アイテムですが、大人の生徒さんの場合は、もっと早い段階で病院に行って薬を貰って飲んでいる方も、何人かいらっしゃいます。
かなり効くみたいですね。
チビッ子の場合は、なかなかそういう訳には行かないようなので、目を真っ赤にしながら、花をずるずるさせながらピアノを弾いていて、見ていても気の毒な位です。

なので、特に春はピアノのレッスン室にティッシュボックスは欠かせないですね。
生徒さんと一緒になって、「お互い辛いわよね」と言いながら、鼻をかむなんて言う事もあったりします・・・

また、生徒さん方と花粉症の話をしますと、人によってかなり症状が違うのだなあと感じます。
鼻水がずるずるの事もあれば、目が痒くなる、喉が痛い、咳が出る、頭痛、などなど。

私も、生徒さん方がピアノを弾いている間は、くしゃみや、鼻がずるずるするのをこらえる、という事もあります。

暖かくなってピアノの練習もはかどりそうな陽気なのですが、なかなかそうもいかないようです。