大人の生徒さんが初めてピアノの発表会に出る時

2010年10月31日
2010-09-11 2010-09-11 003 020.jpg


ピアノの発表会では、普段のレッスンとは全く異なり、生徒さんの緊張がピークになるので、本番どのような演奏になるのか、先生という立場からみていても、けっこうドキドキします。
中高生などのように、何回も出ている生徒さんですと、緊張こそしていてもある程度普段通りに弾けることが殆どなので、舞台そでで「はい、いってらっしゃい」と見送って、あとは聴衆として聴いている感じです。

でも、大人の生徒さんの場合は、なかなかそうはいかない所もあり、まして、初めて参加されるとなりますと、益々本番の演奏の出来具合が、想像しにくい所があるような気がします。
本番がいよいよ近づいて、最後のレッスンという時に、曲の始めの方で、早くもつまづいてしまい、それがまたあせりにつながって、益々混乱してしまい、曲の先に進むきっかけの音が見つからない、ということもあります。
なので、私の方も慌ててスケジュール帳を見て「●●日の○時からですと、今のところ空いていますので、発表会後の1レッスンを前倒しにやりませんか?」とレッスン時間をひねり出す、なんという最終手段を使うことも。

そして、暗譜しないと弾けないとおっしゃる生徒さんなのですが、本番では楽譜を置くことにして、譜めくりとして、私も一緒に舞台に上がり、万が一、音を忘れてもこそっとささやいて、フォローする作戦を立てています。
チビッ子ですと、途中で私が舞台に上がって助けても、ご愛敬ということになるかもしれませんが、大人ですとそうは行かないので、さりげなくフォローすることが大切ですからね。

もうすぐ、この大人の生徒さんが本番なのですが、どうなるのか??
今から、私もちょっとドキドキ緊張している気がします!?

今月末まで、ショパンを記念したシャンパン(デュモアゼル・ショパン・キュヴェ・デュ・ビサントネール)が飲めます!

2010年10月27日
2010-08-31 2010-08-31 001 073.jpg

まだまだショパンイヤーに浸りたい感じが残っていますが、そんな中、今月末までショパンを記念したシャンパンが飲めるんです!
その名も・・


デュモアゼル・ショパン・キュヴェ・デュ・ビサントネール


という名前だそうです。長いですね。
ANAインターコンチネンタルホテル東京内のシャンパンバーで、今月末まで飲めるそうです。
あまり飲めない私からみますと、グラスで頂きたいところですが、無いんですがね。
なので、何人かでボトルを頼むと良いでしょうね。

プレゼントにも、自分へのご褒美にも!純金ウィーン金貨ハーモニー

2010年10月25日
2010-08-31 2010-08-31 001 066.jpg

芸術の秋にピッタリなステキなものを見つけましたぴかぴか(新しい)
「純金積み立てコツコツ・・・」とかわいらしいCMで有名な、田中貴金属の純金「ウィーン金貨ハーモニー」です。
オーストリア造幣局が発行する、ヨーロッパで唯一の「地金型金貨」なんだそう。

純度99・99%だそうで、さすがウィーン金貨というだけあって、デザインがす~~ごく良いんですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
金貨そのものには、弦楽器やホルン・ハープがデザインされていて、いかにも音楽系です。

でも、それだけではなく、金貨を取り巻くフレームにも、音符系などのデザインがされているんでするんるん

ここまで音楽系のものって、そうはないかもしれませんね。
金なので、6万円から10万円という、お値段にはなりますが、今は金への投資も人気のようなので、資産にもなるかもしれませんね。
そのような意味でも1つ持っているのも、よいかも!?
(下をクリックしますと、写真が見れます)

田中貴金属のホームページ