2010年 今年のちびっ子の発表会の出来具合!?

2010年07月31日
2010-07-18 2010-07-18 001 047.jpg

今年の発表会が終わりましたるんるん
発表会は、日ごろの成果を発揮する場なのですが、そう言うのは簡単ですが、実際に行うことは難しいですね。
・・と、自分自身のことも含めて感じます。
ホントに、発表会は何が起こるかわかりませんし、やってみないとわからないことも多々あります。
もちろん、普段よりも本番のほうがよかった、なんていう生徒さんもいますがね。

でも、ちびっ子が一人で頑張っている姿って、微笑ましいですし、すごいなあと思いますし、なんだか感動します。
普段の生活で、一人で舞台に上がってピアノを弾くって、相当プレッシャーを感じていますからね。
見ている私も「がんばれ~~っ!!」とか「行けっ!行けっ!」と心の中で、念を送って見ていますわーい(嬉しい顔)

中学生位になると、なかなか難しい曲を選んでいるのですが、本番でも結構良い出来具合なのが、また驚いたりもします。
緊張して大失敗って、まず無いんですよね。
今年も、「中学生であれだけ弾けたらいいよなあ~」なんて思いながら、完全に一人の聴衆のように聴いていましたねわーい(嬉しい顔)
なにはともあれ、これで生徒さんは、やっと、ホントの!?夏休みになりそうですねハートたち(複数ハート)

ちびっ子に世界3大ピアノの違いがわかるのか?

2010年07月27日
2010-07-18 2010-07-18 001 080.jpg


世界3大ピアノというと、スタインウェイ・ベーゼンドルファー・ベヒシュタインですが、それぞれ歴史のある、ピアノの名器です。
以前個人的に試弾したときに、音の違いに驚いたこともあり、この素晴らしさを生徒さんに伝えたいと思い、勉強会などを開いたこともあります。
このときは平日の昼間だった事もあり、大人の生徒さんが対象になりました。
みなさん、それぞれのピアノの違いや音の違いを知っていただき、有意義なひと時だったんです。

でも、ちびっ子だとどうなのか??
ちびっ子に世界3大ピアノの違いがわかるのか??

そこで、今回、小・中・高校生5人ほど、世界3大ピアノを弾かせてみました。
(この前に、まずはヤマハを弾かせてから)
事前の説明は一切ナシです。

そうしますと、「よくわからない~」といったちびっ子はゼロだったんです!

これは以前、幼稚園生でも違いがわかったんです。
今回も、1つのピアノを弾いた後、「どう~??」と聞くと、弾きやすい、軽い、などのタッチの違いから、こもった音、やわらかい音などの音色の違いなど、ちびっ子みんながそれぞれ自分の言葉で語るんでするんるん
中には、「曲によって使い分けたい」という言葉も出てきました。

驚きましたねわーい(嬉しい顔)

最後に「どれが一番好き?」と聞くと、人気が分散されていました。
(以前大人の方に人気投票をしたら、一番人気はダントツでベーゼンドルファーでした)
個人的には、ベーゼンドルファーが大好きデス揺れるハート揺れるハート

ちなみに、この後小学生にちびっ子に「先生っていっぱいピアノ持ってんの??どういうピアノ持ってんの??」って聞かれました。
「フツーのヤマハでレッスン室にあるのと同じかな」と答えると「ふーん、そうなんだ」と、ちょっとガッカリしているような感じで言われてしまいました・・

そうだよね、ピアノの先生自身がピアノにこだわっていないなんてね。ちょっと違うかも!?
でもねえ、1000万円のピアノは、なかなかそう簡単に買うのは難しいですがね。

今年の発表会の衣装・洋服、お勧めドレスについて

2010年07月24日
2010-07-18 2010-07-18 001 133.jpg



今年の発表会は、実はまだなのですが、先日の発表会での生徒さんや、ピアノの先生たちの洋服・衣装について、書きたいと思います。
ちびっ子の生徒さんは、やはり、女の子の場合、ワンピースが圧倒的に多かったです。
木綿のワンピースに、白いレースの靴下、サンダルまたはエナメルの靴、というスタイルが人気ですハートたち(複数ハート)
実際にお母様方に聞いたわけではないですが、おそらく、ピアノの発表会が終わっても、ちょっとお出かけするときにも着回せる服、ということも考えているのかなと思います。

ドレスの場合ですと、お出かけに着るわけにはいきませんからね。
でも、ピティナなどのコンクールに参加する場合は、地方予選でもドレスを着ているちびっ子がほとんどでした。
お客さんがいるわけでもないのに、ちゃんと!?ドレスを着るんですね。

男の子の場合は、幼稚園生くらいでは、シャツにネクタイみたいなスタイルで、小学生くらいになりますと、普通に、Tシャツと短パンという、一気にぐっとカジュアルになっています。
まあ、中学生位ですと、制服を着るという選択肢もあるので、季節によってはジャケットを着ることもあるのでしょうが、小学生という年齢的には、ちょっとしたお出かけ着というものが無いので、普段着と変わらない洋服になるのかなあと思います。
これまでの私の発表会の生徒さんを見ていても、小学生の男の子は、ほとんどが普段着でしたね。


ピアノの先生の洋服・衣装については、自分がピアノを弾くのかどうかで、かなり変わります。
講師演奏をする場合には、ほとんどん先生がドレスです。
そして、講師演奏をしない場合には、ワンピースだったり、普段着よりもちょっとおしゃれな感じのお洋服だったりします。
講師演奏をしなくても、集合写真に写るので、ジーパンとかではなく、それなりのお洋服を着ることになりますね。

講師演奏をする場合には、ドレスを着るのですが、これはピアノの先生によって、かなり変わります。
ほとんどがロングドレスなのですが、丈は足が見える位だったり、完全に隠れる長さだったりします。
これはそれぞれの先生の好みなんですね。
そして、裾はストーーンと膨らまないエンパイアや、せいぜいAライン位までで、中にパニエが入っているものは、ほとんど着ないみたいです。
やはり、演奏会ではないので、そこまで華やかにならないように、ちょっと加減しています。

アクセサリーも、控え目にすることが多い気がしますが、これも先生によって変わるので、しっかりと光りものぴかぴか(新しい)の大ぶりのネックレスとイヤリングをしている先生もいました。
ヘアスタイルはも、あまりガッチリとアップにすることは、少ない気がします。

靴は、通常の演奏会と同じように、ゴールドやシルバー系を履くことが多いですね。
よく見るとミュールを履いていた先生もいて、けっこう驚きましたが。

ピアノのせんせいという立場で見つけた、発表会るんるんのお勧めドレスです。
どれも、それほど派手ではないので、着やすいと思います揺れるハート

オーソドックスなドレス 1枚持っていると便利そう


ありそうで無い色合いがステキ


カラーバリエーションが豊富


フレンジ袖にアレンジしても着られる


胸元の刺繍とレースがきれい


エンパイア


シンプルながら上品さがある


優しい色とかわいらしいAライン



気に入ったドレスはありましたか?参考になるとうれしいですわーい(嬉しい顔)

発表会・演奏会のドレス選び (外部サイト)