ビートルズのジョン・レノンの真実を完全ドラマ化!?

2010年06月27日
2010-05-29 2010-05-29 001 075.jpg



今日16時半からNHKハイビジョンで

ジョン・レノンの魂 アーティストへの脱皮 苦悩の時代


放映されます。
ジョン・レノンの色々な事が、完全ドラマ化されているそうです。
今でも不滅の人気である、ビートルズのジョン・レノンですよね。
大人の方は、特にビートルズの曲を弾きたい、と言う方も少なくないですしね。
チビッ子でも知ってる子が多いですしね。

かなり興味深いドラマでするんるん

駅の音楽

2010年06月26日
2010-05-29 2010-05-29 001 017.jpg


海外旅行から帰ってきて、仕事が始まり、電車に乗りますと、いつも驚くことがあります。


日本って、駅のホームでやたら音がなっていたり、やたらアナウンスが多いなあ、ということです。


まあ、いきなりドアが閉まったり、いきなり電車が動き出して、「うわっ!!」となるのは、けっこう怖いので、合図をしてくれるのはいいんですがね。
電車が発車するとき、普通のブザーの他に、音楽が鳴る事もありますね。
それ様に!?作られた音楽もありますが、有名な曲を流している事もあります。

うる覚えなのですが、小田急線の祖師谷大蔵駅では、鉄腕アトムの曲だったような・・・・



そして、今日知ったのは、中央線の三鷹駅では、めだかの学校が流れていましたるんるん



「みんなでお遊戯しているよ~~」という部分が聴こえてきたので、始めは「なんだっけ??この曲??」
と思い出せなかったんですが。
祖師谷大蔵駅は、鉄腕アトムやウルトラマンを製作している会社があって、(今は移転した気がしますが)商店街も、確かウルトラマン商店街という名前でした。
なので、駅でその曲が流れるのは、わかるんですが。

でも三鷹駅って、なんでめだかの学校なんですかね。
作曲者が住んでいるのか?住んでいたのか?
それとも作詞家さんの方の関係なのか??


ちょっと疑問に思ってしまいました。
まあ、ほのぼのしていて、いいんですがねわーい(嬉しい顔)

大人の生徒さんを慰める

2010年06月21日
2010-05-29 2010-05-29 001 019.jpg


ピアノのお教室では、色々な年代の生徒さんがいらっしゃいます。
ピアノの先生になりたての頃は、自分より年上の方が「先生~」と呼んだり、そういう方にものを教える、と言うことがすごく不思議だったり、違和感があったり、しっくりこなかったりしました。

今は、慣れたというより、その場のその時の立場としてやれるようになった、という感じでしょうか。
なんか変な日本語ですが。

目上の方々ですから、姿勢や言葉使いなど丁寧に接するのですが、それだけですと堅苦しくなりますので、程良い抜け感とか、程良い距離感を保てるようにはなってる気がします。


ある瞬間は、レッスンの指導者として妥協せず
別の瞬間は、楽しく話を聴く、仲の良い友人のように


そんな中、先日大人の方がレッスンに見えました。
数十年来の大切なご友人を、亡くされたんです。
いつも、溌剌とした活発な印象なのですが、落ち込んでいて、なんとかレッスンにいらした、という雰囲気でした。
そのご友人との思い出話などになり、話を聴いていますと、そのうちにポロポロと涙が流れてきていました。

その涙を拭きながら「せんせい、ごめんなさいね。泣くつもりじゃなかったのにね」と言うので
「大丈夫ですよ。普通は●●さんのように、そこまで色々としてあげられませんよ。そのご友人も●●さんに、そんなに良くしてもらって喜んでいらっしゃると思いますよ」と声をかけながら、肩をそっとたたきながら慰めました。

まさか、自分の親以上の年齢の方を、慰めることがあるなんて。。
ピアノの先生ならではの体験です。
まだ、あまり事実を受け入れられないようですが、なんとか立ち直って、乗り越えて行けるといいなあと願うばかりです。