ピアノの先生が、発表会で講師演奏を行う時

2010年05月28日
2010-05-04 2010-05-04 001 117.jpg

発表会では、生徒さんの演奏を披露してもらう事が、一番の目的ですが、講師演奏もその次に?!
欠かせないものですね。
生徒さんもさることながら、そのご家族の方が、興味を持って下さっているようです。

私は、一人で発表会を行うことが多いのですが、複数の先生同士で発表会を行うこともよくあることです。
ヴァイオリンなど、違う楽器の先生と一緒ですと、曲がぶつかるとか、同じ作曲家の曲、ということはまず無いので、それぞれ好きなものを弾くことになります。
前半の最後、後半の最後、に弾くことになりますね。

でも、ピアノの先生同士ですと、「ショパン」と「ショパン」なんていう事もありえるので、早めにチェックをしておきます。
以前、ピアノの先生と二人で行った時は、ショパンとブラームスにバラしました。
演奏の出番は、先ほどと同じですね。

また、ピアノの先生同士ですと、連弾を行う、という手もありますがね。
ただ、この場合、練習時間の擦り合わせや場所、衣装など、打ち合わせなどが多くなります。
レッスン場所が同じ場所だと、便利ですがね。

そして、以前あった事・・・
ピアノの先生3人の発表会というものを、チラっとみたことがあります。
そして、それぞれの先生が、ピアノソロの講師演奏を行う、と言うのです。
出番や、曲目ってどうなったんだろう??

今だに、ちょっと気になっていまするんるん

やんちゃな4歳児に発表会をチラつかせると??

2010年05月25日
2010-05-04 2010-05-04 001 118.jpg


4歳児のチビッ子の生徒さんがいますが、まあ、これがまた、元気いっぱいの子なんです揺れるハート
まあ、年齢的に当たり前なのかもしれませんがね。
そして、この位のチビッ子は、レッスンに慣れてくると、よ~~っく喋るんですよね。
なので、チビッ子のペースに巻き込まれると、ちょっと大変だったりしますわーい(嬉しい顔)

そんなチビッ子が、今年初めて発表会に出ることになっているんです。
初めてですし、「ホントに大丈夫なのかなあ?」とちょっと、と言うよりも、かなり!?心配をしていました。
でも、そんなチビッ子も


「はいっ、発表会の練習をするよ!はい、立って・・」
と言うと、チャッチャと行動するんですよね。
でも、椅子から降りた途端にふらふら~~と、違う方向へ歩いていくではないですかがく〜(落胆した顔)

「あれ~?舞台で弾く人が、待っている所って、そっちだっけ??」
と言っている時に、そのチビッ子は棚からタオルを取ってきて、床に置いたのです。


「ああ~っ!!●●ちゃん、お辞儀をするマークのテープを用意してくれたのね。ありがと揺れるハート


そうです。先週のレッスンで、私は、お辞儀の立ち位置のテープの代わりに、タオルを床に置いたのです。
よく、覚えていてくれたなあ~。いや~、嬉しいなあわーい(嬉しい顔)
その後の、舞台上での動きなど、バッチリ出来ていました。
発表会って、こんな元気いっぱいのチビッ子にも、モチベーションアップや良い意味での緊張感を与えるものなんですね。

あとは、安定して弾ければ、言うことなし、なんですがねるんるん

発表会2か月前の生徒さんの状況

2010年05月21日
2010-05-04 2010-05-04 001 115.jpg

夏の発表会に向けて、ガンガンに?レッスンをしている所です。わーい(嬉しい顔)
中・高校生は、だいぶ前から、発表会の曲を決めて練習をしていて、えらく難しい曲やその生徒さんにとって大曲を弾いています。
でも、みなさん憧れの曲を選んでいるので、先月の時点ですでに


これなら、本番かなりイイ線いけそう揺れるハート揺れるハート


という予感を感じています。
小学生に関しては、3月末から4月にかけて曲を決めて、今まさに譜読み真っ最中なのですが、今年はすでにおおかた弾けている小学生が、ちらほらと出てきています。

これは、なかなか嬉しい誤算デスるんるん


やはり、そういう小学生方も、やはり好きな曲や憧れの曲をやっているチビッ子たちなんですね。
なので、数週間前から、もう1曲追加、という小学生が数人出ています。


「もう、結構弾けてるよね~。すごいね!もう1曲弾く??」
「うんわーい(嬉しい顔)やる、やるう~るんるんるんるん
「なに弾こうかな?」
「○○とか、●●とか・・・」

その場で弾きたい曲がポンポン出てくる辺りが、すでに「おおー、凄い!」と思っちゃいます。
その生徒さん方は、すでに2曲目に取りかかっています。
また、譜読みが早い生徒さんだけではなく、ハンディキャップを持っている生徒さんも順調で、
先日のレッスンで、すでに1曲完璧に弾けていましたぴかぴか(新しい)

音や、速さ、タイミング、間奏の把握、伴奏に乗って弾く、など。
今の時点では、みなさんかなり順調なので、本番が楽しみですハートたち(複数ハート)