中国の12歳の神童 牛牛(ニュウニュウ)くんが来日します!

2009年09月30日

2009-08-11 2009-08-11 002 022.jpg

中国の12歳の神童「牛牛(ニュウニュウ)」くんが来日するそうです。日本でのデビューリサイタルを開きます。

3年前にイギリスでデビューしたそうで、昨年は3000人もの前で演奏を披露したそうです。

すごいですね。

まだ12歳ですが、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、リストなどレパートリーはすでに100曲以上も持っているんですってるんるん

東京ではサントリーホールでコンサートを開くのですが、最年少のソロリサイタルになるんだそうです。
10月23日は、大阪 ザ・シンフォニーホール
10月24日は、東京 サントリーホールで行われます。

ベートーヴェン熱情ソナタ、ショパン「革命」などが聴けるようですよ。

いいなあ~、聴いてみたいなあ~と思ったら、どうもチケットは売り切れているようで。。。ふらふら

でも。

来年2月7日には、同じく東京 サントリーホールにて、追加公演でオールショパンプログラムが聴けるそうです。
こちらは10月3日にチケットが販売されるそうです。
ラン・ランさんに続くような世界的なピアニストになるのでしょうかね。
芸術の秋を楽しみたいですねわーい(嬉しい顔)

金曜日から開催!第4回仙台クラシックフェスティバル2009

2009年09月28日

2009-09-26 2009-09-26 001 020.jpg

いよいよ今週金曜日の10月2日から4日まで、開催される音楽イベントがありますね。
第4回 仙台クラシックフェスティバル2009です。

仙台青年文化センターなど仙台市内の4会場で行われます。
地下鉄1本で他の会場への移動が可能なのも嬉しいですねわーい(嬉しい顔)
ゴールデンウィークの時期に行われたラ・フォル・ジュルネのように、1公演45分と聴きやすい長さと1000円というお手軽な料金も魅力的ぴかぴか(新しい)

「お先にショパン・イヤー」では、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さんの先生としてもさらに有名になった、横山幸雄さんを始め、若手の実力派のピアニスト達も演奏を披露されるそうです。
また「お父さん、お母さんと一緒!」では0歳児や子供と一緒に楽しめるイベントもあるそうですよ。

芸術の秋、いろいろ到来といったところでしょうかるんるん

聴衆としてピアノの発表会を聴いて思うこと

2009年09月23日
2009-08-11 2009-08-11 002 026.jpg

ピアノの先生にとって、ピアノの発表会ってかなり忙しいかったりします。
アナウンスをしたり、次々と出番の生徒さんに「頑張って!」を声をかけたり、アクシデントに対処したり、自分の演奏などなど、かなりバタバタとして。。。
なかなか、じっくりと本番の演奏を聴けなかったりします。
舞台裏で聴いてはいますがね。ホールで聴く音の響きや輝き、空気感にはかないません。
今この瞬間に奏でている音楽を、ピアノの先生としては、なにより大切にしたいところなんですが。。。

でも、時々じっくりと発表会を聴ける時もあります。
ピアノの先生として、というよりも一人の聴衆として聴く感じですね。
そうすると、色々と思うことが出てきます。

例えば。。。
発表会って、1年間ず~っとコツコツ・もくもくと頑張って練習してきた成果を披露する場ですよね。
それをホントにリハーサルなしの本番一発勝負でよいのか?とか。

また、大人の発表会の場合、子供の発表会と違って華やか、かつ良い意味での緊張感、熱気、テンションの高さ、みたいなものが、どうも少ない気が。。。何でだろう??とか。

まだまだ色々と出てきそうですが。まずは、そういう風に改めて感じたことがよい発見だったかなと思っていまするんるん