ちびっ子に大人気の曲、大人の方にもオススメしたい。

2017年03月17日
IMG_2381.jpg


発表会などで、ちびっ子に大人気の曲があります。
湯山昭さんのお菓子の世界

ちびっ子が集まると、誰かしら弾いているという位に、人気ですね。
普段食べているお菓子が、曲のタイトルになっているので、興味を引きますよね。
そして、ソナチネなどの古典派ではない和音づかい、かわいらしさと華やかさがある音楽、手軽な長さなどが、人気の理由でしょうか。
先日も、3曲ほど候補を決めて聴いてもらったところ、「断然これ!」と言われたのが、この「お菓子の世界」でした。

ちびっ子に人気ですが、私個人としては、大人の方にもオススメしたいなあ~と思っています。
ご家族の間でも話題に挙がるでしょうし、お孫さんとの会話のネタにもなりそうです。
また、発表会で、誰もこの曲集から選ばなかった時には、講師演奏として、数曲弾きたいくらいです。


ピアノ曲集 お菓子の世界 改訂版

湯山 昭
全音楽譜出版社

Amazon のページ


講師演奏で、避けたほうがよさそうな曲

2016年06月23日
2012-05-04 2012-05-04 001 039


発表会などの講師演奏では、色々な状況があるかと思いますが、どちらかと言うと、曲想よりもまずは演奏時間を気にすることの方が多い気がしています。
私のように、雇われのピアノのせんせいをしている場合、前後の時間も他のクラスの発表会があるので、発表会の終了時間には、かなり厳しいので。
もちろん、複数のせんせい方が、それぞれ講師演奏をする場合には、同じ作曲家は選ばないなどの配慮はします。
そして、華やかな曲の方が、生徒さんやご家族には、喜ばれる気もしています。
もちろん、有名な曲や、フィギュアスケートなどで有名な選手が使用している曲なども、喜ばれます。

逆に、避けたほうが良い曲と言うのもある気がしていて、まずは長い曲。
個人的な感触では、演奏時間が7分を超えると、ちょっと長いなあ~と感じているような、空気感を感じます。
そして、メロディーが難しめの曲。
簡単に歌えなさそうな曲?!とでもいうのでしょうか。
テクニックが難しそうな事は、伝わるのですが。

そして、タイトルも重要かもしれません。
サティの「干からびた胎児(胎児の干物)などは、曲が気に入ったとしても、個人的に弾くか、もっと内輪だけのコンサートくらいに留めたほうがよさそうな気がします。
特に、ちびっ子の発表会ですと、ご家族がかなり不快な気分になりそうですね。

自分が発表会に出る時とは、曲選びの視点が変わってくるものです。

発表会の曲決め、新たな展開

2015年03月25日
2015-03-21 2015-03-21 001 025

発表会の日程が決まり、生徒さん方の曲を決める季節です。
前々から、「今年はどんな曲にしようかな?」と、話はしていますが、今年は、ちょっと面白い展開になりました。

お母さまが、インターネットで色々と検索して調べて、見つけてきたのです。

うちの子には、ちょっと難しいとは思うのですが、どうでしょう??

確かに、弾きこなすには、ちょっとハードルが高い曲だったのですが、昨年などは、意外にも早く曲が仕上がり、もっと難しい曲でも大丈夫かなあと思っていたところでした。

まあ、確かに、長いですし、けっこう難しいのですが・・・、でも頑張れば、まあなんとか。。。
今年は、ちょっと難しい曲にチャレンジと言う事でも、良いかもしれませんね。

という事になりました。
おかあさまが、積極的に動いていただける事は、とても嬉しいものですね。