ピアノの先生のクセ

2011年12月15日
2011-11-26 2011-11-26 006 023.jpg

生徒さんとのレッスンでは、教えるということが多いのですが、逆に生徒さん方に教えられることも多々あります。
生徒さんの様子を見て「ああそうかあ~」ということもあれば、実際に指摘される事も色々とあります。

「先生ってさ、いっつも、じゃあ弾きましょうか、って言うよね」と言われたことがありました。
自分では、まあ少し言っているかなあという程度でしたが、どうもそうではないようです。
思い返しますと、確かにこの生徒さんとのレッスンでは、話しをしている時に、場を切り変えて弾いてほしい時に

「じゃあ、弾いてみて~」

と言っているのです。
生徒さんによって、話し方を変えていますので、この生徒さんの時だけかもしれませんが。
無くて七癖って、こういうことなのかもしれません。

指摘されますと、妙に意識してしまい、「それではどうぞ」などと、なんだか返っていつもの調子が狂ってしまうような感じになってしまいます。
指摘してくれた生徒さんも、ニタニタしながら
「いいよ、いいよ。いつもの感じでさ。こっちもなんか調子が出ないから」

なんだか、どっちが大人なのか。。。
小学校低学年の時から見てきた生徒さんと、こんな会話もできるようになったのですから、ちょっと嬉しい気もします。

ピアノの先生が一番辛く思う事

2010年03月17日
2010-03-07 2010-03-07 003 002.jpg

ピアノの先生を長くやっていますと、色々な出来事があります。
嬉しい事、楽しい事、ピアノの先生をやっていて良かったなあ~と思う事が、たくさんあります。
でも、その反面、悲しい事、残念な事もたくさんあります。
例えば、

急に生徒さんがピアノを辞めてしまう、とか。

でも、ピアノの先生が一番辛く思う事は。。。

私より先に、生徒さんが逝ってしまう事。


人生にこんなことが起こるのかと、信じられなく、悲しいやら、辛いやら。
でも、ご家族の事を思うと、私の悲しみなんて、足元にも及ばないだろうと思ったり。

「先生の事が大好きでした」
「ピアノが大好きでした」
と、ご家族に言って頂けた事が、せめてもの救いです。

2010年の確定申告

2010年02月21日
2010-02-06 2010-02-06 001 019.jpg

今年もこの季節がやってきました。

確定申告!!

昔から数字に弱く、当然文系だったので、毎年、ホントに一苦労して書いています。
一苦労どころではないかもしれませんふらふら
さすがに毎年書いていますと、多少は慣れてきますし、工夫もするようにはなっていますがね。

それに、確定申告をすると、戻ってくる事が多いと思うので、「払いすぎた税金を返してもらえるるんるん」と思えば頑張る気力を湧く、というところです。

例えば、領収書。
以前までは、ガサッとまとめて保管していただけなので、いざ確定申告を書くというときには、この大量の領収書の整理に、まず時間がかかったんです。

まさに、事業仕分け?!

今年は、項目ごとに分けて保管したので、かなり楽になりました。
どの項目に入れるのか迷うものは、昨年の領収書を見て分けたりもしました。

また、もっと大変なのが交通費。
でも、今はインターネットですぐに調べられるので便利ではありますが、目的地の最寄り駅を調べ直したりすると、けっこう時間がかかるんですよね。

なので、早くも来年に向けては、出かける時に、交通手段やルート、料金など、とにかくすぐに書きとめておこうかなと思います。
これで、2010年度の確定申告はスゴク楽に書けるかな。